イベント情報

映画

2020.06.18

映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」

この世界R (2)

「この世界の片隅に」に秘められた もうひとつの物語

いつの時代にも、どんな世界にも、人々の日常、平凡な暮らし、普通の毎日が存在する。そんな当たり前のことを、太平洋戦争下にあった日本の広島に住む女性・すずの暮らしにフォーカスし描いた「この世界の片隅に」に新たなエピソードを追加して生まれ変わった今作は、前作を観た人にも初めて観る人にも存分に楽しんでもらえる“新作”となった。

昭和19年。広島・呉に嫁いできた18歳のすずが、夫・周作やその家族に囲まれ暮らす日常に戦争の影が忍び寄る。少しずつ不便になっていく生活だったが、工夫を重ねて過ごす毎日。ある日、迷い込んだ遊郭で知り合った同世代の女性リンと心を通わせあうようになるすずだったが、ふとしたことで夫・周作とリンとの間の秘め事に触れてしまう。

そして、昭和20年。あの暑かった夏がやってくる…

開催日 令和2年8月15日(土)
時間 1回目:10:30/2回目:14:30〈2回上映・完全入替制〉
会場 松原市文化会館
前売券 一般1,000円(プレミアム会員900円)
発売開始 令和2年7月4日(土)より
販売場所 文/ゆ/ふ/友/ロ(Lコード:51810)/オ
当日券 一般1,200円(プレミアム会員1,080円)
備考1 高校生以下、60歳以上、障害者およびその介護者は当日割増なし
備考2 チケットは午前、午後のそれぞれを選んでの購入となります
備考3 3~6月が有効期限の映画招待券も使えます
席種 自由席
定員 各回250人
備考1 マスクをしていない人は入場できません
備考2 体調不良や発熱がある場合はご来場をお控えください
備考3 参加者の名前、住所、電話番号、年齢のリストを作成します
備考4 大阪府が導入する「大阪コロナ追跡システム」への登録をお願いします
備考5 状況により急遽中止となる場合もありますので事前に問合せください
お問い合わせ 松原市文化会館(火曜休館)
リンク先 この世界の(さらにいくつもの)片隅に公式サイト

2020.06.17

映画「“樹木希林”を生きる」

ポスター使用写真

せっかくできたシワだからもったいない

“樹木希林”を生き抜いた姿が濃密に刻まれているー

2018年9月15日、女優・樹木希林が亡くなった。作品に奥行きをつくるリアルで味わい深い演技、ユーモラスで心に突き刺さる言葉や軽やかな生き様・・・・

今なお、私たちを魅了し続ける樹木希林とは何者なのかを描いたドキュメンタリー番組が多数の未公開映像を加え再編集、装いを新たに映画として生まれ変わる。

全身をがんに冒されても、悲観せず、かといって気負いもなく淡々と女優として生き、4本の映画撮影に密着した取材を通して映し出される様々な“樹木希林”。

人生の晩年をどのように生き、畳もうとしたのか?「あとは自分で考えてよ」樹木希林のそんな声が聞こえてくる。

開催日 令和2年7月19日(日)
時間 1回目:10:30/2回目:14:30〈2回上映・完全入替制〉
開場時間 1回目:10:00/2回目:14:00
会場 松原市文化会館
料金 当日券1,200円(プレミアム会員は10%割引き)
備考1 高校生以下、60歳以上、障害者およびその介護者は1,000円
備考2 当日券のみの販売となります
備考3 発売は各上映開始の1時間前からです
備考4 3月20日の映画前売券もそのまま使えます
備考5 3~6月が有効期限の映画招待券も使えます
席種 自由席
定員 各回250人
備考1 マスクをしていない人は入場できません
備考2 体調不良や発熱がある場合はご来場をお控えください
備考3 参加者の名前、住所、電話番号、年齢のリストを作成します
備考4 大阪府が導入する「大阪コロナ追跡システム」への登録をお願いします
備考5 状況により急遽中止となる場合もありますので事前に問合せください
お問い合わせ 松原市文化会館(火曜休館)
リンク先 映画「“樹木希林”を生きる」公式サイト
To top